MENU

PEOPLE社員紹介

下村 拓海

下村 拓海2016年度入社
サブシステム活用部サブシステム課

サブシステムの導入サポート

入社以来、サブシステム活用部に所属しシステムに関するサポート業務に携わっています。サブシステムとは、預金・融資などの金融業務のメインシステムに対して、信用組合のリスク管理システムやスマートフォン・タブレットを利用した営業支援システムで、現在20余りのサブシステムが稼動しています。

これらのシステムを導入する信用組合に対しての現地に赴いて導入説明会やシステム立ち上げの現場に立ち会うこともあります。現在はリモートで全国の信用組合に説明会や研修会を開催することもあります。

全国の地域に貢献できることが魅力
アットホームな社風にも惹かれて

下村 拓海

私が信組情報サービスを志望した理由は、その規模の大きさです。北は北海道から南は九州までの信用組合とそこにつながるお客様に対してシステムサービスを提供することで役に立ち、全国の地域に貢献できることに魅力を感じました。

何より背中を押したのは会社説明会の後に参加した懇談会で先輩社員の方に出会えたことです。親しみやすい人柄の方ばかりでアットホームな会社の雰囲気がよくわかりました。こういう人たちがいる会社で自分も一緒に働きたい。そう実感できた懇談会は貴重な機会でした。

入社3年目でプロジェクトの主担当に
若手でも任せてもらえる環境がある

下村 拓海

入社して感じるところは信組情報サービスには若手でもどんどん仕事を任せてくれる環境があるということ。私も入社3年目にサブシステムの更改プロジェクトの主担当を経験しました。それまでは先輩にサポートをしてもらって仕事を進めていたのが、プロジェクト全体を仕切る立場になったのです。

任せてもらえるうれしさと、それに応えたいという思いで情熱をもって取り込むことが出来ました。無事に更改できた時は本当に「やればできる」という達成感と仕事のやりがいそして大きな自信を手に入れました。

社員紹介TOPに戻る

PAGETOP